読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君はヒーローになれる

叩き込め!渾身の100%!

GearVRのレンズ曇り対策「こたつ」が最も簡単だった話

ガジェット
20160207 113713

どうも、サウンドオルビス(@soundorbis)です。

Gear VRで、仮想現実に入り浸る夜を過ごしています。現実バイバイ!廃人確定なデバイスGear VRですが...使い始めると必ず、曇るんですよ。


レンズ曇りを対策する簡単な方法をお伝えします。


こたつで5分温める

20160207 113639

結論から言います。

日本人の心→「こたつ」があれば、即解決です。 Gear VRを使用する5分前に、こたつの中に置いておきましょう。 Gear VRのレンズ曇りの原因。車のフロントガラスが曇るのと、同じ現象ですね。


Gear VR内と、外気の温度差がある冬場にレンズに結露が生じるわけです。

温めておかないと画像のようになり、レンズが曇ります。

スクリーンショット 2016 02 18 11 12 29

Gear VRを温めておくことで、S6の後ろからが外気になりレンズが曇らなくなります。


スクリーンショット 2016 02 18 11 12 13

さらに、VR体験時はGalaxy S6が常に発熱してくれることで、さらにレンズの曇りを防いでくれるんです。短所は長所ですね!


ここで一つ、注意があります。

Galaxy装着しながら、温めちゃダメ!

Gear VRは完成されたプロダクトじゃないです。未完成のガジェット。熱暴走で止まることがあります。その止まった!という機会さえも、アーリーアダプターは楽しめるわけですが…普通に考えたら、困りますよね笑。

Galaxy S6を装着したまま、こたつで温めてしまうと本体の温度も一緒に上がり、止まる可能性が高くなります。同じように、寒いからといってエアコンやストーブの近くでGear VRを使うことも避けないと、すぐに熱くなって止まります。

どうぞ、お気をつけください。

まとめ

結局、Gear VRを温めておくこと。室温と外気温を同じにしてくことが、重要なわけです。しかし、ゆったり温めないとレンズやプラスチックの素材が溶けることになりますので…ドライヤーやエアコンの風で直に温めるのは、あまりオススメできません。


優しい暖かさで温めてくれる「こたつ」こそ、至高ですね。


それでは、すべてのクリエイターに幸あらんことを。サウンドオルビス@soundorbis)でした。

広告を非表示にする