読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君はヒーローになれる

叩き込め!渾身の100%!

仕事は順調ですか?今のままで良い訳ない。ヒーローになるんだ!

弱虫で生きる

2016 06 24 0 05 54

久方ぶりの世紀末を、乗り越えることで精一杯だった私。今は仕事という新たな壁にぶち当たっています。

 

仕事は順調?

新卒で就職した、今の会社。組織の一員として、歯車として働くことがこれほど辛いことだっとは。もともと持ち合わせていた対人能力で、なんとか乗り切る日々。

しかし、人間ですから。ゲームの主人公のように、限界というものがあります。ヒットポイントは必ずあります。HPです。毎日嫌でも、ネガティブな言葉を発している人たちと合わなければいけない、仕事をしなければならない。それは自分にとって、恐ろしく辛いこと。

仕事は順調?確かに、順調。継続して勤務していれば、給与だけは上がっていく。微々たるものだし、割にあっていないけれど。20万も手取りないのは、いささか辛い。欲しいものなんて、吟味しないと買えないから。


裕福なことを望んでいるの?

欲しいものが買えない…あれ?欲しいものが買いたくて、お金持ちになりたくて、仕事を辞めたい!って騒いでいたんだっけ?いや、違うぞ。って心の声が聞こえてきました。

書けば癒しの効果あり。秘湯のように体の痛みは和らげないけれど、心の病は癒してくれる。それが、ブログの執筆というもの。

iPadが買えないことを、辛いと感じていたんだっけ?レクサスに乗れないことを、妬んでいたんだっけ…否。貯金は1年ぐらい質素に暮らせるだけは貯めているし、結婚する!ってなっても小さな挙式ぐらいなら挙げられるだけの資金も持っている。

このまま今の仕事を続けていけば、それなりの幸せを苦しみながら、楽しくない日々を送りながら死に絶えることができる。そんな人生を、どうして私は引き寄せてしまったのだろう。自分で引き寄せてしまったのだから、これは反省でしかないのだけれど。

考えてみたら、裕福になりたくて「今」仕事を辞めたい!と叫んでいるわけではなかったのです。


楽しい事は罪ですか?

小学生時代は、親に勧められた水泳よりも、ピアノが習いたかったのに、必要ない!と通わせてもらえなかった自信喪失少年でした。中学生時代は、ギターを担いで歌を歌いながら、親にボロカスに言われた小僧でした。

あれ?おかしいな…昔の自分を思い出すと、ないだが出そうになる。かわいそうだったね、苦しかったね、もっとやりたいこと、沢山あったよね。本当にごめんなさい。気が付いてあげられなかったよ、自分の心の声なのに。

今更、遅すぎる懺悔だと思う。それでも、言わせて欲しい。そして、これから実現していきたい。サウンドオルビスは、自分自身を救うために、ヒーローになるよ。自分も救えないようなヤツが、誰かの道標になれるはずがない!

楽しい事は罪ですか?いえ、あなたはもっと自由で良い。


これからすべきこと

自分と向き合うと、最近は「ゴメンね…」って言葉しか出てこないし、自分にかけてあげることができない。一体自分は、誰の声に怯えていたんだろう?誰のために働くんだろう?何のために自分のやりたいことを押さえ込んでいるんだろう?

音楽クリエイターとして、トヨタ様・コミックアーススター様・シャープ様など、たくさんの人の耳に自分の音楽が届いた瞬間の楽しさ、喜び、感動、ワクワク、衝撃こそ、自分の人生を最高にハッピーにする要素なんです。それを知っていながら、どうして辛いと思いながら他の仕事をに時間を無駄にする必要があるのか?

これからすべきことは、単純だ。

  • 曲を出し続ける
  • ブログを書き続ける
  • ヒーローであり続ける

たった、この3つじゃないか。今の仕事を続けて、「仕事は辛いけれど、順調です。」なんて言っている3年後、5年後なんて、絶対に嫌だ。だから私は、この場で強く言っていきます。

必ず独立して、サウンドオルビスでヒーローになる!私の人生バイブル「僕のヒーローアカデミア」でオールマイトの言葉を、胸に刻んでこれから、全速力で駆け抜けていきます。

『君はヒーローになれる』

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

広告を非表示にする